ホーム > 採用情報 > 先輩社員の声

先輩社員の声

齋藤 和也(さいとう かずや)

2014年入社
中央大学文学部卒
営業部所属

仕事内容

もともと、人と会って、会話をすることが好きでしたので、営業部を選びました。建設業の営業活動は、多岐にわたります。御得意先から新規工事を受注し、完成まで色々な御要望を承り、無事にお引渡しする。更に出来れば、次の受注に繋げるという、工事受注に関するあらゆる仕事をしております。
御得意先を分類すると、官庁に対する営業と民間に対する営業とに分けられます。入社当初は、官庁営業(競争入札にかかるもの)が多かったのですが、今は、すべての営業に関与させていただいております。

入社の動機

大学の体育会系クラブのOBから「こんな会社があるけど、入社の面談を受けてみないか」というお話があり、面談を受けることとなりました。面談を受けるにあたっても、「小規模で、名前も知らない会社なので大丈夫かな」という漠然とした不安がありました。ところが、面談した当時の社長から「千葉では歴史の古い会社であり、入社するからには、将来独立するとか、この会社の社長になるつもりでやってみろ」と言われました。社長とお話をするうちに、面白い会社だな、といつの間にかその魅力に引き込まれてしまいました。

一番印象に残っているエピソード

若手の営業マンは、わたし1人なので、入社したての年から千葉県建設業協会や千葉市建設業協会の、総会や各種の集会に出席することとなりました。周りは、会長、社長、専務取締役ばかりで、しばし、挙動不審者のように、端っこのほうで大きな体を小さくして縮こまっておりました。
今では、建設業協会青年部に入会して、若社長たちと大きな顔して御付き合いをしております。
また、最近ですが、当社施工工事の直上に「今回の御得意先」の施設があり、工事打合せのため、何回も何回も「今回の御得意先」に訪問するうちに、先方の御担当者から「こんな工事があるけどやってみるかい」と声をかけていただきました。そして、今回正式に工事請負契約締結の運びとなったことは、営業マンとして、ほんのささやかな、大きな喜びの1つです。

今後の目標

現在の目標は、5年後を目途に1人単独で新築工事を受注することです。営業の本質は「新築工事」、自分で受注できたという仕事、地図に残る仕事ではないかと考えております。

求職者の皆さんへメッセージ

当社は歴史ある会社です。千葉県、千葉市内の建設業者の間ではかなり著名な会社で、建設業界内で営々と積み上げてきた実績があります。
また、2023年には、創業100周年を迎えることとなります。歴史ある会社だからこそ、さらに、120年、150年と将来にわたり、地域に密着した息の長い会社として一緒に働きませんか。


山田 磨史宇(やまだ ましう)

2015年入社
法政大学法学部卒
建築部所属

仕事内容

当社の受注した工事の作業所に赴いて、施工の管理をする仕事に従事しています。 出身が大学の法学部であり、戸惑うことも多々ありましたが、直属の上司のやさしい指導もあり、今は作業所の雰囲気にも慣れました。
当社の作業所は、千葉県の全域に広がっております。最初に赴任した作業所は、佐倉にある老人ホームの内装改修工事でした。この作業所は、入居者の方々が生活しているまま、転居せずに改修しました。そのため、施工中に入居者の方々とふれあえ、得るものが多かったです。
また、当社には、協力事業会社で組織する「睦会」という組織があり、朝礼から夕方の作業終了まで、てきぱきと作業が続けられ、1日として、退屈したり、1日が長く感じられることはありませんでした。

入社の動機

大学は文系の出身でしたが、どうしても事務職より身体を動かして、具体的なものを創造したい、と考えておりました。
大学時代体育会系レスリング部に所属しており、当時の社長がレスリング部の先輩OBと知り合いで、「是非、うちの会社に来ないか」と誘っていただいたのが動機です。建設業というと、私の中であまり印象が良くありませんでしたが、実際に社長や幹部の方と面談すると、印象が180度変わりました。

一番印象に残っているエピソード

最初の佐倉の老人ホームの作業所で、床の長尺シートの張り替え作業が2日連続で徹夜になったことがありました。2日目の朝、仕事を終えて片づけをしていると、入居者の方々が「きれいになったね。ありがたいね。」と話しているのが聞こえました。それを聞いて、この仕事に就いて、本当に良かったなと思いました。

今後の目標

会社から、5年後のあるべき姿、10年後のあるべき姿を「若年社員教育計画」により提示されています。
5年後は、小規模作業所を単独で管理できるまでに、10年後には、どのような作業所でも単独で管理可能となるよう、スキルをアップするようにという内容です。その教育計画に沿った形で、外部講師による教育も組み込まれています。現在は、「二級建築施工管理技士」資格を取得することが具体的目標です。

求職者の皆さんへメッセージ

建設業というと、「きつい」「きたない」「きけん」の3Kとよく言われますが、そんなことはなく、日々、創造と感動に満ち溢れています。こんな感動は、事務処理では味わうことはできないと思います。
ぜひ、この感動を一緒に体験してみませんか。

PAGE TOP