ホーム > 会社案内 > 沿革

沿革

大正12年(1923) 式田菊治、東京にて個人創業する。
大正15年(1926) 鉄道省、東京駅前庁舎移転工事を施工する。
昭和3年(1928) 御宿町岩和田(千葉県)にて、日西墨三国交通発祥記念碑の建設工事を施工する。
昭和12年(1937) 合資会社式田組を大多喜町(千葉県)に設立する。
昭和25年(1950) 式田建設工業株式会社に組織変更する。資本金100万円
昭和33年(1958) 千葉県発注工事(千葉県立大多喜高校体育館建設工事)にて、知事表彰を受ける。
昭和39年(1964) 千葉県発注工事(千葉県立茂原高等学校校舎建築工事)にて、知事表彰を受ける。
昭和42年(1967) 新宿町(千葉県千葉市)に本社を移転する。資本金1,000万円
昭和45年(1970) 千葉県発注工事(県立茂原高等学校第四期建築工事)にて、知事表彰を受ける。
昭和51年(1976) 千葉県建設業センター建設工事を施工する。資本金2,400万円
昭和57年(1982) 茂原市(千葉県)にて総南営業所を開設する。資本金3,600万円
昭和59年(1984) 千葉県発注工事(大多喜県民の森ビジター建設工事)にて4回目の優良工事の表彰を受ける。資本金5,000万円
昭和60年(1985) 殿台町(千葉市)に事業本部を開設、式田菊治が会長に、式田秀穂が社長に就任する。
平成2年(1990) 大多喜町発注(総元小学校校舎本体工事)において、大多喜町町長から表彰を受ける。
平成7年(1995) 千葉振興建設業協同組合から組合事業の発展に寄与したとして表彰を受ける。
平成8年(1996) 業績拡大にともない、事業本部ビルを増築する。

千葉県発注(千葉県立幕張総合高等学校 JV施工)千葉市優秀建築賞選考委員会において、優れた都市景観の形成に寄与する建築物として千葉市長から表彰を受ける。

千葉県発注(千葉県立幕張総合高等学校 JV施工)において、第3回千葉県建築文化賞を受ける。
平成9年(1997) 大多喜町発注(大多喜町立大多喜小学校 JV施工)において、第4回千葉県建築文化賞を受ける。
平成12年(2000) 千葉市から公共工事の重要性を認識し、誠実で適正な施工がなされたとして、千葉市優良工事請負業者表彰を受ける。
平成13年(2001) ISO9001:1994(建築物の設計、工事監理及び施工並びに付帯サービス)の認証を取得し登録される。
平成15年(2003) ISO9001:2000(建築物の設計、工事管理及び施工)に移行し登録される。
平成16年(2004) ISO9001:1994(建築物の設計、工事監理及び施工並びに付帯サービス)の認証を取得し登録される。

大草徹也氏発注の(稲毛台コートハウス)にて、千葉市優秀建築賞選考委員会において建築文化の向上に寄与する建築物として千葉市長から住宅部門 優秀建築賞を受ける。
平成17年(2005) 業務の機構改革により、従来の事業本部を本社とする。

千葉市発注(若葉保健福祉センター JV施工)にて、千葉市優秀建築賞選考委員会において建築文化の向上に寄与する建築物として千葉市長から公共建築部門 優秀建築賞を受ける。
平成26年(2014) 全国建設業協会から建築業の発展に寄与したとして表彰を受ける。
平成27年(2015) 式田秀穂が会長に、式田三樹雄が社長に就任する。

PAGE TOP